名刺に求められる大切なもの

社会人が身に着けているものといえば、職業にもよりますが多くの人が名刺を持っているかと思います。名刺は会社名のみならず個人の名前、携帯電話の電話番号などいわばIDカードのようなものです。社会人にとっては必要不可欠なものであり、人と人を結ぶ大切なツールでもあります。昨今、名刺は様々な形で進化を遂げています。形もさることながら材質や特徴を持ったものなど非常に多種多様です。では、なぜここまで多様性を極めるに至ったか、またそれがなぜ多くの人の指示をうけることとなったのでしょうか。まず、その種類について触れてみたいと思います。まずは基本的な名前が掲載されたパターン、当然書式やフォントの大きさなども多様性があります。また文字に色がついたもの、店舗の写真や個人の顔写真が掲載されているものもあります。本来の役割を十二分に発揮しているものや遊び心溢れるものまで様々です。


いわばこの小さなカードはその人の、センスや遊び心まで自己紹介の中に入れた進化の形なのです。また、裏面には基本的なものでは会社周辺の地図や個人の好きなもの、趣味なども掲載しているものもあります。名刺は初対面の人に渡す事が一般的です。口ベタな人であっても、その記載している事で話を広げていけば話を繋げる事が出来るという、いわばこれも名刺の進化です。会社が創立年数を記載するのにも似ています。おかげさまで~周年といったものにあたるのがこれです。これらの手軽さや気軽さから社会人だけではなく、大学や短大などのサークルまたは部活で他校との折衝の際に使うという事で、作られるパターンも多くあるようです。元来、言葉やモノというものは、様々な世代が触れ合う事で改良がなされ作り変えられていくものです。これも一つの商流といえます。彼らのような若い世代がベンチャー的要素として立ち上げた会社では、日本古来の和紙を使用したものや材質の良い紙を使い、重厚感のあるつくりにしてみたりと、形状までもが様々です。良い紙で作った名刺は指ざわりも違うので比較的、得意先などに大事にとって頂いたりすることが多いようです。昨今、ネットワークの拡充によりわざわざ会って挨拶しなくとも、データ上だけで仕事のやり取りなどをする事も業種を問わず非常に多くなってきました。


人間関係もそれに伴い、希薄になりつつあります。しかし、こういったユーモア溢れるものや工夫された名刺はこういった時代だからこそ大切なものですし、また大切にしなければならないものであると思います。

当サイトの文中にある24時間とは、当社休業日を含めない時間計算のことです。ご了承下さい。当サイトには新着ニュースを随時載せている場所も御座います。是非見てみて下さい。ワード、エクセル、パワーポイントでの入稿も無問題。必要があれば当社が手作業で確認し、デザインを再作成。デザイン料は無料です。名刺作成のことならファースト